¡この投稿を読むとあなたが連れて行くでしょう 3 minutos! ¡楽しむ!

このドキュメンタリーは、ファッショニスタのカレンダーに欠かせないイベントの 1 つを取り上げています。: METが毎年開催する最大のファッション展示会の開幕.

の世界 moda それは魅力的です, 私に言う必要はないよ. そして、その仕組みを詳しく調べ始めると、さらに興味深いものになります。.

Si デザイナーやモデルに関するドキュメンタリーは、常に非常に多様な視聴者を魅了しています。, 世界の瞬間や出来事を強調するものは常にあまり評価されていません. エゴのせいだよ: 背後にビッグネームがいない場合, 話題が負けたように «パッキング». ¡届くまで «月の最初の月曜日» アンドリュー・ロッシ監督 (5月の第一月曜日)!

Documental-El-primer-lunes-de-mayo-The-First-Monday-in-May

この名前はどのデザイナーの名前とも一致します, モデル、セレブ; 毎年最も重要な俳優を一堂に集めることができるので、 ファッションの歴史や影響へのオマージュテーマ. おそらくそれを聞いて «5月の最初の月曜日» 母の日の二日酔いしか思い浮かばない (失敗したギフトの返品, 夕食後にサラダを食べる 食物 おなじみの, etc…) でも、MET Galaについて話したら、私たちはすでにもう少し理解が深まり始めています.

毎年5月の第一月曜日 毎年恒例の展示会メトロポリタン美術館 特定のテーマの下に、ファッションの世界でインスピレーションを生み出す重要なアイテムが集まります。. のようなテーマ «天体: ファッションとカトリックの想像力» en 2018 (ファッションと宗教について),  «鏡越しに見る中国» en 2016 (アジアの国のインスピレーション力について), «マヌス×マキナ: テクノロジー時代のファッション» en 2015 (ファッションとテクノロジーについて) «パンク: カオスからクチュールへ» en 2013 (パンクの影響について), o «スーパーヒーロー: ファッションとファンタジー» en 2008 ファッションの世界がその歴史の中で探求してきたテーマを最前線にもたらした.

¿ドキュメンタリーは何についてですか?: 月の最初の月曜日 (5月の第一月曜日)?

このドキュメンタリーは、この時期の背後にある巨大な組織に焦点を当てています, 世界で最も複雑な展示会のいくつかを開始する祝賀会. で撮影されました 2016 博覧会の準備と開催中に鏡越しに見る中国«. Pero ドキュメンタリーで重要なのは展覧会そのものではない, それを整理するためにしなければならないことすべてがなければ. そこで彼らの出番です シリーズ その実現に不可欠な主体の.

アナ・ウィンターだけではない, 『ヴォーグUSA』ディレクター, もちろん映画でも主役を演じています, ファッションの世界で生きる, でもドキュメンタリーも «METの主任学芸員をフォローする, アンドリュー・ボルトンがファッションを芸術と見なすべきか否かについての議論を考察する, MET ガラでのハイ ファッションとセレブリティの衝突についても探求します。. 他の注目すべきキャラクターには、ウォン・カーウァイが含まれます, 展覧会の芸術監督を務めた; バズ・ラーマン, METガラのクリエイティブ・コンサルタントを務めた人物; 『ヴォーグ』誌のアンドレ・レオン・タリー; Harold Koda, 元コスチューム研究所担当学芸員; トーマス・キャンベル, メトロポリタン美術館の館長» で説明されているように ファッションラジカル.

ドキュメンタリーを自宅で視聴できます さまざまなコンテンツプラットフォームをお楽しみいただける公式ウェブサイト. ¡かなり気に入りました! Sそれがうまくいくのは、私たちが見ているものが次のように理解できるからです。 30 数分のレッドカーペットと魅力の裏には膨大な仕事がある.

見たら, あなたの考えを忘れずに教えてください.