この記事を読むかかります 5 minutos! 自分自身をお楽しみください!

バレンシアの会社GreenCyclesは、最初の水溶性で生分解性の化粧品容器を開発しました. 従来のプラスチックの使用を減らすというコミットメントにおける化粧品業界の革命.

その名前はGreenCyclesであり、一連の環境に配慮したパッケージを開発するための研究を選択したバレンシアの会社です。. 一人一人が使用します間の1日平均 7 y 9 化粧品, との平均を消費します 28, 主に従来のプラスチック包装. Asimismo, 海は蓄積すると推定されています 150 百万トンのプラスチックとそれ, 毎年, se第4のentre 8 y 11 数百万トン. グリーンサイクルから、彼らはあなたのような材料を選ぶ必要性に訴えます, que, 彼らが海や海で立ち往生してしまう場合に備えて, 彼らは汚染しません: “従来のプラスチック包装とは異なり, にかかる場合があります 500 消える年, GreenCyclesで製造している製品, 化粧品包装のように, それらは、いかなる種類の残留物やマイクロプラスチックも残さずに、非常に短時間で水に溶解します。」

グリーンサイクル化粧品包装, あらゆるタイプの製品に適しています (クリーム, ゲル, シャンプー, etc., ホテルのアメニティだけでなく), 水溶性ポリマーでできています 他の資料が少数派に組み込まれている. 製造工程の最終結果は生分解性製品です, 水に溶け、環境に無害.

化粧品容器に与えられる予想される使用を考慮に入れる, 耐用年数を通じて機能するように特別に配合. パッケージング機能が実行されると, その特別なデザインと特性により、堆肥としてのライフサイクルを終わらせることができます, 自然に溶解. グリーンサイクル化粧品包装, 生分解性インクでカスタマイズでき、OKCOMPOST証明書が付いています, 堆肥化プラントで生物学的分解を受ける, 廃棄物を発生させません, それが二酸化炭素に変わるとき, 水, ミネラル塩とバイオマス. このようにして、環境への影響と汚染が完全に排除されます。.

グリーンサイクルから述べたように, 「化粧品のような業界では, 製品の大部分がプラスチック容器に入れられています, Green Cyclesが提供するような代替案を選択することは、コミットメントの大きな一歩であり、より持続可能な世界を実現する必要があります。. そして同じことがケースでも起こります, por ejemplo, マスクの, 今とても必要で、彼らはたくさんの海洋ごみを生み出しています: 生分解性素材を使用したマスクを開発しました, 堆肥化可能で水溶性, そして、私たちの製品に賭けるマスクを製造している会社にアピールしたい」.

化粧品容器の製造に使用されるGreenCycles素材を使用, 同社はまた、多種多様な製品を製造しています, 水溶性ランドリーバッグとして, スポーツカートリッジ用スタッド, 葬儀の壷, 花火の住宅, etc. Green Cyclesは、生分解性証明書を持っている唯一のスペイン企業です。, 毒性なし, 海洋生分解性, このタイプの材料の堆肥化とOK堆肥. バレンシアの企業の持続可能な産業への取り組みは、サーキュラーエコノミーの一例です。, 製品のライフサイクルを延ばすことができるからです. Por ello, グリーンサイクルから主張する, "NS 次の廃棄物法では、従来のプラスチックと私たちの材料を区別するようにお願いしています, 彼らは異なる特性を持っているので. どちらも弾力性がありますが, 私たちもその特性のおかげで環境に積極的に貢献しています.

グリーンサイクルとは?

ラフェルブニョルを拠点とする (Valencia), グリーンサイクルは終わりました 16 インテリジェントソリューションの生産のための多数のプロジェクトを開発する年, 水溶性です, 生分解性および堆肥化可能. Para ello, 産業プロセスと製造方法を変革しました, その適用から生じる製品のライフサイクルを改善する.

グリーンサイクルはで生まれました 2006 産業技術開発センターと共同で (CTDI) とバレンシア金融研究所 (IVF) 水溶性で生分解性の材料を製造する. 同年、彼はビジネスイノベーションでNOVA賞を受賞しました。. 拡張の過程で, 同社はヨーロッパにも販売しています, アメリカ合衆国とラテンアメリカ。

エコロジーとテクノロジーの融合がその特徴です. Por ello, この間ずっと, さまざまな共創プロジェクトで他の企業や組織とのコラボレーションを停止していません, 両方の業界を支援する新しいスマートソリューションを発見することを目的としています, 消費者としてそして, por supuesto, 自然の保護に.