この記事を読むかかります 4 minutos! 自分自身をお楽しみください!

顔用日焼け止めにはさまざまな配合のものがあります, それぞれに独自の成分と利点があります. 最大限の効果と快適さを得るには、正しい配合を選択し、成分を理解することが不可欠です. 最も一般的なのは酸化亜鉛です, 二酸化チタン, ビタミンCやビタミンE、さらにはグリセリンやヒアルロン酸などの抗酸化物質.

天然の日焼け止め処方を選択すると、いくつかの利点があります, 特に、より優しく、より環境に優しいオプションをお探しの方に最適です。. だからこそ知ることが重要です ¿日焼け止めにはどんな成分が含まれているの?? 多くの場合、酸化亜鉛や二酸化チタンなどのミネラル成分が含まれています。, UVA および UVB 光線に対する効果的な広域スペクトル保護, 刺激や有害となる可能性のある化学物質を使用せずに. Además, 天然成分, ナノ粒子なし, 追加のメリットを提供する可能性があります, como抗酸化特性 リスクのない抗炎症作用: 「非ナノ酸化亜鉛」 (ミネラルUVフィルター) これは、SPF30 のスクリューキャップ付きアルミ缶入りクリームの一部です。 50, そして当社の天然ウォータープルーフサンローション, 即時に高い保護を実現するための基本成分です” – フィリップ・ヴァンが説明してくれる, カディスの化粧品会社の創設CEO 投稿者:オレオ. www.dioleo.com

これらの配合は通常、より環境に優しいものです。, 水生生態系に害を及ぼす可能性のある化学物質が含まれていないため、, これは、パーソナルケア製品が環境に与える影響を懸念している人にとって重要な考慮事項です。: “ナチュラルな日焼け止めを選ぶときは, 私たちは肌を守るだけではありません, 「私たちはまた、私たちと地球の健康のために意識的な決定を下しています。」.

最も一般的な成分

Por ejemplo, 前述の酸化亜鉛と二酸化チタンは非常に一般的です, どちらも物理的またはミネラル日焼け止めの重要な成分です, UVAおよびUVB光線から保護し、刺激を引き起こす可能性が低いため, 敏感肌に最適です. アボベンゾンも, ラオキシベンゾナ, オクチサレートとオクトクリレン, ケミカルプロテクターの配合を完了します, 紫外線を吸収して熱に変換する効果があります。. ビタミンCやEなどの抗酸化物質は、日光への曝露によって生成されるフリーラジカルと戦うためによく使用されます。, アンチエイジング効果を提供する. Por último, ヒアルロン酸とグリセリン, 肌に潤いを与えるのに役立ちます, これは乾燥肌用の製剤に特に有益です.

自然派化粧品会社のような 投稿者:オレオ これらの成分の一部には、ザクロ種子油などの他の成分が含まれています。, 純粋な有機アロエベラ, オーガニックの未精製シアバターまたはココナッツオイルとニンジンオイル, 後者は美しい日焼けに不可欠です.

日焼け止めの成分

日焼け止めのテクスチャー… ¿クリームやスプレーの方が良い?

クリームは追加の水分補給を提供するため、正常肌および乾燥肌に最適です。: 「厚みがあるので、, 乾燥肌にとってはさらに快適です, ただし、一部の脂性肌タイプにとっては重くなります” – エスペランサ・サエンス氏が明らかに, セビリアの会社のイメージマネージャー ねぜに化粧品, ローションは軽くて、重すぎずに水分補給をうまく組み合わせられるため、ローションの方が適していると考えている人. ジェルについて, 軽くて吸収が早いテクスチャーなので、脂性肌やニキビ肌に使用するのが最適です。. そしてスプレー, より身体指向の: “申し込みも早いですよ, 顔に使用したい場合は, まずは手にスプレーしてから塗ることをおすすめします。, 「こうすることで成分の吸入を避けることができます。」. www.nezeni.com

使用に関して考慮すべきデータ

  • 1. クリームは冬の間、または追加の水分補給が必要な乾燥肌の人に最適です。. その代わり, ローションは多用途で、ほとんどの肌タイプに一年中使用できます。ジェルは高温多湿の気候や脂性肌の方に最適です。, 素早いタッチアップに最適.
  • 2. アウトドアやスポーツ活動に, 水や汗に強い日焼け止めを選ぶ. スプレー式は素早く再塗布するのに便利かもしれません, ただし、適切にカバーするには十分な量を塗布する必要があります.
  • 3. 毎日使用する場合は、軽くてベタつかないテクスチャーのフォーミュラを選択してください。. マットまたはセミマット仕上げの製品は、肌をフレッシュに保ち、メイクの邪魔をしません。.