この記事を読むかかります 4 minutos! 自分自身をお楽しみください!

私は服を購入しない予定のことで自己改善のテスト 200 日 - 原則として - 、衣類やファッションの私自身の概念を変更します.

国会買いもの中毒の私たちは、ほぼ週の公聴会, (ここでニュースを読みます). 今年の服を購入し、彼の絵を通してそれを言って行くしないことを決定し、このカナダ人ジャーナリストの後, の考えに desintoxicarse, 創造性を促進し、衣服に新たな価値を与えます y a la moda en sí misma… se ha creado una controversia en el mundo de la moda y además se ha hecho célebre la Plataforma “グレートアメリカンアパレルダイエット”.

頭の上に混和数日後.... 「あなたができるようになります?” コメントピアや友人 「私たちは服を買うことができない場合, 何残って​​います?” あるいは家族と "あなたは少しオンラインは十分であろうあなたとそれをカットすることができます「私の母は言いました.

購入することなくしばらくするプロジェクトを、私は何年間しっかりと言う勇気がないので - 私の方法 - 私が参加しています, 私は最小限に決めました 200 服を購入することなく日.

開始日はされています el 1 de septiembre de 2012 (ya sabéis, 9月には、新しい1月です) と私の計算によると 期間 200 日で終了します 19 3月 2013. Casi siete meses. アイデアは、その日は店に狂ったように私を投げていません, しかし、その後、, 私はテキスタイルの消費にいくつかのより多くの服を感謝し、新しい時代に直面して自分のニーズを発見することを学びました.

アメリカのプラットフォームによれば、, これは、下着の購入を許可しました, zapatos y complementos. 私の場合, 私は靴を手に持っているように, 私はまた、これらの要素を制限することにしました. 私は下着と「技術又は特定」を購入することができます (スポーツのためのまたは私はいくつかの特別な理由のためにそれを必要とし、必要に応じて特定のドレスに特異的なものである場合, 衣装, 温度, etc…) ああ! 毎日の冬のブーツ, 昨年私は自分自身を破って、私は、フリップフロップでラウンド行くことができません!

Os cuento esta nueva 経験 del Señor de las Gafas Amarillas と安心の形態として、私はこの問題を決定しました, かなり丸いあることに加え, なぜそのような 彼らは本当に決定的な瞬間の意志を証明することがどこに住んでいるために私を強制的に, 割引, 季節の変化, Maison Martin Margiela para H&M…

私はこれを達成するつもり何?: ニュースの多くは、彼らは危機と貯金を非難します. それは保存するように痛いことはありませんが、, 私の場合, 私は自分自身が無駄に考慮していません, no それは経済的な問題でもあります, むしろ心理. 私はすべての日を避けることができると思っている自分自身に証明したいとより多くの思考を必要とします 私に 私はあなたが必要なことがわかり と私は、活用するために学ぶべきこと. Pretendo asimismo incentivar mis recursos reciclando la ropa o buscándole nuevas combinaciones. しかし、私は警官に結合していません (“人々は彼らが繰り返すことはしませんでも、どのくらい「 - の情報を引用し、「グレートアメリカンアパレルダイエット」 私はそれが非常に軽薄見つける反射で) 私の才能と自分のスタイルを利用します.

この問題に関する他のビューのために私はお勧め キャメロンとして面白いのような物品 (悪魔はザラを着します) ここで私は、鮮やかな段落を言い換え... "あなたは私が言って何をしたいです, これらのルールは、ロールです. いいえ衝動買いません, それなしであなたはボックスを通してあなたの方法を参照してくださいので、後半を証明せずに仲良く, そのスカートなしで、それはあなたのスーパーに近いですが、そのためにあなた自身が神であることをキロのカップルを失う約束します (そしてあなたは決して知っています), どこの恵みがあります?” . 彼女が、 ほとんど必要ない場合は病気を見て, 私は私が多くのことを理解し、提案につながる...私も好き アニタ操作クローゼットフライドポテト キャメロンは、独自の記事であることをお勧めします.